人と映画のタペストリー / いちご

人と映画のタペストリー / いちご

アメリカ在住。人生のモットーは「一期一会」それより転じて、ニックネームは「いちご」さん。2013年に亡くなったことを4日前に知りました。

2012年8月27日から書かれているブログ「人と映画のタペストリー」の作者「いちご」さんが、大病から回復して生きていることのありがたさがわかり、今考えていることを、縦糸(その国の歴史)と横糸(同時期の各国の歴史)にして、映画と人物を交錯させて描いていました。

ユニークな映画評論で、1925年の「戦艦ポチョムキン」から2012年の「リンカーン」まで約100本を掲載。映画に関連した国は35カ国にわたっています。

−−> いちごさんの閑話休題、あるアメリカ人の男子学生が、女性の魅力を三人の女優に象徴させて表現していた。彼にとっては三大女優はグレース・ケリー(美しさ)、マリリン・モンロー(セクシーさ)そしてオードリー・ヘップバーン(可憐さ)であるそうで、話を聞いていたほかの男性もいたく同意していた(^^)([映画] 戦争と平和 (1956年)から)

脱線する話題も楽しく、日本未公開の作品も多数紹介。映画評論も然ることながら、その国の歴史や政治情勢、生活文化まで解る素晴らしいブログでした。お会いしたことがなくブログを通しての交流でしたが、いちごさんの心情や優しさが伝わってきました。

いちごさんのご冥福をお祈りいたします。

動画は、いちごさんが2012年に観られたベスト5の第一位「存在の耐えられない軽さ The Unbearable Lightness of Being(1988年)」です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です