【3.11特集】原発20キロ圏内に生きる男 続編 - Return to the Zone: Safecast & Matsumura / VICE

【3.11特集】原発20キロ圏内に生きる男 続編 – Return to the Zone: Safecast & Matsumura / VICE

原発20キロ圏内に生きる男、松村直登さん。2013年3月に VICE JAPAN が公開したドキュメンタリー「Alone In The Zone」の主人公です。

彼は、東日本大震災の被害を受けて町民が方々へ避難していくなか、現地に取り残された動物たちの世話をするため、単独で福島県双葉郡富岡町に残った人です。

東日本大震災から3年、自作ガイガーカウンターとクラウドソースを組み合わせ、それを駆使するハッカー集団「Safecast」のジョー・モロス氏と VICEスタッフが、松村さん宅にガイガーカウンターを設置するために訪問しています。

松村直登さんは元気そうで良かったですね。残念ながらダチョウ1羽は、最近亡くなってしまったそうですが、残ったダチョウと犬と猫と共に、訪問者を出迎えてくれています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です