キエフにあるウクライナ最高議会堂 / Wikipedia

キエフにあるウクライナ最高議会堂 / Wikipedia

IMFの統計によると、2012年のウクライナのGDPは、1,762億ドルと推計されており、日本の福岡県よりやや小さい経済規模です。2012年の一人当たりGDPは3,877ドル(106位/185ヶ国)であり、世界平均の50%未満の水準です。エネルギー供給のほとんどをロシアに依存、経済の構造改革の遅れと相まって、他国の影響を受けやすいものになっていました。

2014年2月にヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を崩壊させたウクライナ騒乱が発生、クリミア危機、そしてクリミアのロシア編入に至ってきました。

ウクライナにおいてロシア語を母国語としている人口比率があります。ロシアが編入したクリミアでは77.0%以上がロシア語を母国語としています。
ウクライナ東部は、国境を接するロシアと歴史的にも経済的にもつながりが深い地域で、これまでも欧米寄りの西部地域とは一線を画してきました。
親ロシアの「分離派」が政府の建物を占拠したドネツクは74.9%、ハリコフは44.3%、ルガンスクでは68.8%がロシア語を母国語としています。

ウクライナにおいてロシア語を母国語としている人口 (2001) / Wikipedia

ウクライナにおいてロシア語を母国語としている人口 (2001) / Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です