日本は48位、年金の持続可能性は最下位ランク

2014 Pension Sustainability Index / Allianz
2014 Pension Sustainability Index / Allianz

ドイツの保険・金融グループ(アリアンツ)傘下のアリアンツ・グローバル・インベスターズが、4月4日に2014年版年金持続可能性指数(pension sustainability index 2014)を発表しています。

2014年報告書(世界50ヶ国)で日本は、タイ(50位)、ブラジル(49位)に次ぐ最下位ランクの48位。長期的に持続不可能で、年金制度の改革は必須と評価されています。

世界的にも年金制度の改革は進んでいます。トップ3は、オーストラリア、スウェーデン、ニュージーランド。デンマークは6位、米国は8位です。
人口減少と少子高齢化が進む日本、年金制度改革や少子高齢化対策、アベノミクスの成長戦略(構造改革)は待ったなしです。

下記の表は米国マーサーが、2013年10月7日に発表した2013年度グローバル年金指数ランキング(20ヶ国)です。「十分性(Adequacy)」、「持続性(Sustainability)」、「健全性(Integrity)」の平均評価値が指数化されランキングにしたもの。 日本は17位、詳細は下記からご覧下さい。

グローバル年金指数(2013) / マーサー ジャパン
グローバル年金指数(2013) / マーサー ジャパン

アベノミクスの最新情報で「今回の成長戦略の特徴は、文書をとりまとめただけで終わらず、「実行」を最重要視するとともに成長戦略を「進化」させ続けること」と記載(pdf文書)されていますが、いままでとは違うということで前向きに捉えたいと思います。

Nobuyuki

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です