(L-R) Dancers Adrianne Haslet-Davis and Christian Lightner at TED2014 - The Next Chapter, March 17-21, 2014, Session 6 - Wired, Vancouver Convention Center, Vancouver, Canada. Photo: Ryan Lash

(L-R) Dancers Adrianne Haslet-Davis and Christian Lightner at TED2014 / Photo: Ryan Lash

MIT Media Lab バイオ・メカトロニクスグループのディレクター、ヒュー・ハー(Hugh Herr)博士の「新しいバイオニクスで走り、ロッククライミングやダンスをしましょう」という素晴らしいTED Talks があります。

ヒュー・ハーさんは、10代に登山で凍傷にかかり両足を切断しています。医者から登山は無理と告げられますが、そこからミラーズヴィル大学で物理と機械工学の博士号、MITで生物物理学の修士号を取得、人間の身体能力を強化するのに役立つウェアラブル・ロボットシステムの開発に取組んでいます。
この講演では、最新のバイオ・メカトロニクスが発表され、3Dプリンタや生物デザイン、ロボット工学など、多岐にわたるテクノロジーが融合した素晴らしい成果が見られます。

最後に2013年ボストンマラソンの爆発で左脚を失った女性ダンサー、エイドリアン・ハスレットデービスさんが、バイオニクス義肢の助けを借りて、TEDのステージ上で初めてダンスを披露。会場は大きな拍手に包まれます。

ソニーコンピューターサイエンス研究所で、新しい義足の研究開発に取り組んでいる遠藤謙氏は、MITに2005年に留学してヒュー・ハー教授の下で義足の研究に携わっています。2012年に博士号を取得しています。インタビュー記事は下記から


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA