In the Line of Fire Assassin Gun John Malkovich /

In the Line of Fire Assassin Gun John Malkovich

映画ザ・シークレット・サービス(原題:In the Line of Fire)は、かつてアメリカ大統領を守ることができなかった老練なシークレットサービス・エージェントと、大統領暗殺を目論む殺し屋との対決を描く、主演クリント・イーストウッド、1993年製作のサスペンス・アクションです。

映画に登場する組み立て式の拳銃は、銃弾とスプリング以外はすべてプラスチック製です。劇中では金属探知機と持ち物検査をすり抜けるため、金属のスプリングはボールペンに、銃弾は金属製のキーホルダーの中に入れ、パーティー会場のテーブルの下で組み立てます。面白い映画でした(^^)

日本の3Dプリンタ銃製造事件でこの映画を思い出しました。すべての部品をプラスチックで作ってしまうと強度、耐熱に問題があり、実弾を連続して射撃を行う事は無理です。下手をすると暴発して撃った自分が怪我をする可能性すらあるようです。ジャーナリスト冷泉彰彦さんが、日本の事件報道の姿勢について問題点を指摘しています。

日本の科学技術、医療技術やIT産業の発展、更には製造業の競争力を維持するためには、3Dプリンタの普及は必要不可欠です。オバマ大統領は、全米の小学校に授業で3Dプリンタを使うよう奨励し、年頭の一般教書演説でも言及。研究所やNASAでの応用研究、そして学校への配布も積極的です。日本は出遅れている感があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です