Boyan Slat / The Ocean Cleanup

Boyan Slat / The Ocean Cleanup

オランダの19歳の学生ボヤン・スラット(Boyan Slat)さんは、太平洋に浮かぶ何千トンもの有害なプラスチックごみをすくい上げる画期的な計画を考案して、そのプロジェクトにはすでに100人もの人たちが参加しています。

これまでの海洋プラスチック対策のほとんどは、海洋に船を走らせてゴミをすくい上げるというものです。スラットさんは、海流の力を利用してプラスチックを回収する画期的方法を思いついたそうです。この方法は船を使った回収より数千倍も速い上に、費用も安くあがるといいます。

The Ocean Cleanup

The Ocean Cleanup

スラットさんの設計では、全長50キロの浮きアーム2本を「V」の形に浮かべて、カーテンを、海面下約3メートルまでぶらさげます。
海流がゴミを「V」の中に押し込み、その端に浮かぶ直径11メートルの円筒形プラットホームにまで送り、太陽光発電のコンベアーと粉砕機で粉砕したプラスチックを船で回収する方式です。

現在、クラウドファンディングで200万ドル(約2億円)を目標としてプロジェクトの資金調達を目指しています。37日経過(100日間)で、支援者22,100人、資金は112万ドルを超えています。詳細な説明資料や計画もダウンロードできます。応援しています(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です