Hello from JIBO, the first family robot. / myjibo.com

Hello from JIBO, the first family robot. / myjibo.com

MIT Media Labでメディアアーツとサイエンスを教えるシンシア・ブリージール(Dr.Cynthia Breazeal)准教授が製作したキュートな表情で、風変わりな声を出す「JIBO」が人気を集めています。

クラウドファンディング「Indiegogo」サイトで、24日を残して既に目標額の10万ドルをはるかに上回る103万ドルを超えています。

ブリージールさんは、TEDWomen 2010において「子どもの頃「スターウォーズ」を観てからパーソナルロボットに魅せられ、MITの大学院で人工知能を学び、そしてパーソナルロボットグループ(Personal Robots Group)を設立、人との交流(ふれあい)をコンセプトにロボット製作に取組んでいます」と語っています。

JIBOは、OSに「Linux」を採用し、Wi-Fi接続が可能でリマインダー、家族へのメッセージ伝達、写真撮影、物語の読み聞かせ、話し相手、テレプレゼンス・アバターという6つの基本機能が備わっています。Indiegogoでは、499ドルの支援でJIBOの事前予約ができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA