Promotional photo of the cast of Star Trek during the third season (1968–1969). From left to right: James Doohan, Walter Koenig, DeForest Kelley, Majel Barrett, William Shatner, Nichelle Nichols, Leonard Nimoy, and George Takei.

Promotional photo of the cast of Star Trek during the third season (1968–1969). From left to right: James Doohan, Walter Koenig, DeForest Kelley, Majel Barrett, William Shatner, Nichelle Nichols, Leonard Nimoy, and George Takei.

宇宙大作戦Star Trek: The Original Series)は、アメリカのSFテレビドラマです。
登場人物に、アメリカ人、アフリカ民族、スコットランド人、ロシア人、アジア人など各民族を配し、女性も主要士官に含めるなど、差別のなくなった時代を描いています。

中でも、アフリカのバンツー族出身という設定のウフーラ役を演じたニシェル・ニコルズ(Nichelle Nichols)さんは、未だ黒人に対する差別意識が強く残る中で、黒人の、しかも女性たちに大きな希望を与えたと言われています。

ヒカル・スールー (Hikaru Sulu) 役(右端)のジョージ・タケイ(George Takei)さんは、ハリウッドで最も成功した日系アメリカ人俳優として知られています。

2014年6月、TEDxKyotoで講演、タケイさんがまだ幼かった頃、第二次世界大戦中の「保安」対策として、タケイ一家は日系アメリカ人であることを理由に、収容所での拘置(日系人の強制収容:Wikipedia)を余儀なくされたことを語っています。また、日系人部隊「第442連隊戦闘団」について語っています。

それから70年がたった今、当時の拘留体験が愛国心と民主主義という言葉に対する一風変わった独自の定義を形成した軌跡を振り返ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です