イスラム国の内部捉えたドキュメンタリー(VICE News)

The Islamic State / VICE News
The Islamic State / VICE News

英国系パレスチナ人ジャーナリストのメディアン・ダリア(Medyan Dairieh)氏が、イスラム教スンニ派過激組織イスラム国(Islamic State: IS)を3週間にわたって取材/撮影した Full Length(42分32秒)のドキュメンタリーです。

このドキュメンタリー「The Islamic State」は、米ニューヨークに本社を置く Vice Newsが公開したものです。

撮影されたのはイスラム国が掌握しているシリア北部ラッカ(Raqqa)で、その様子がドキュメンタリーで初めて明らかになってきました。

子ども対象の訓練キャンプでは、ある男性が「この世代の子供たちは、カリフの世代だとわれわれは考えている。この子たちは正しい教義を学んでいる」と語り、「彼らは全員、イスラム国建設のため、そして神のために戦っている」と続けています。

報道によると、取材に同行したISの広報担当者アブ・モサ氏と、もう一人のIS関係者は、ドキュメンタリーに出演したことを理由に殺害されたということです。こうした残忍さを考えると、Dairieh氏がベールに隠されたIS内部に潜入できたことは、極めて異例といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です