神奈川沖浪裏 / 葛飾北斎

神奈川沖浪裏 / 葛飾北斎

神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)は、葛飾北斎が制作した木版画。1831年(天保2年)頃に出版された名所浮世絵の連作「富嶽三十六景」の一つで、巨大な波と翻弄される舟の背景に富士山が描かれています。
北斎の作品の中では最も有名であり、世界で知られる最も有名な日本美術作品の一つです。

この作品では、黄金比(Golden ratio)と黄金螺旋(Golden spiral)の大胆な構図で描かれ、観る人に「圧倒的に美しい」と感じさせています。

黄金長方形と黄金螺旋 / Wikipedia

黄金長方形と黄金螺旋 / Wikipedia

歴史上で黄金比を数学の話題として初めて意識したのは、古代ギリシアの数学者ユークリッドとされています。この美しい黄金比(約1:1.618)は、宇宙から生物、自然、そして建築、芸術などあらゆる分野で見つけることができます。

また、この黄金比とフィボナッチ数列に関連した面白い話が「Reddit」に投稿され、下記に紹介されていました(^^)

TED Talks「フィボナッチ数の魅力」も面白いですね(^^)
数学は論理的かつ機能的、そして・・・スゴいのです。数学マジシャンのアーサー・ベンジャミン(Arthur Benjamin)が探るのは、不思議で奇妙な数の集合「フィボナッチ数列」の隠れた性質です。数学は想像力を刺激することができると語っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です