米国のセキュリティー企業Norse社が、「40カ国以上に存在する多数のダークネットから発する脅威の最新情報を、随時、収集して分析。表示している攻撃は、Norse社のハニーポットに対する最新のトラフィック流入の一部に基づいており、常習犯による世界のサイバー攻撃の実態を表しています。いま、どの国が、どの国を、どの攻撃方法で標的にしているのか、ひと目でわかる」と説明しています。

map.ipviking.com

map.ipviking.com

地球を意識したカスペルスキー(Kaspersky)社が公開しているマップもあります。こちらでは、世界中にいる6,000万ユーザーへの攻撃がリアルタイムで表示されるそうです。

cybermap.kaspersky.com

cybermap.kaspersky.com

情報通信研究機構(NICT)は、NICTERの大規模ダークネット観測網によって観測された通信(ダークネットトラフィック)の一部をリアルタイムに視覚化しています。下記は世界地図上でアニメーションで表示する「Atlas」です。

Atlas / www.nicter.jp

Atlas / www.nicter.jp

サイバー攻撃の動きは、把握しにくいものです。その可視化と情報公開は極めて重要だと思います。「我が国のサイバーセキュリティ戦略/NISC」の一読をお薦めします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA