ヒラリー・クリントンの人権(LGBT)についての演説

First Lady Hillary Rodham Clinton's Remarks to the Fourth Women's Conference in Beijing, China
First Lady Hillary Rodham Clinton’s Remarks to the Fourth Women’s Conference in Beijing, China

中国北京で開催された第4回世界女性会議(September 5, 1995)において、ファーストレディーであったヒラリー・クリントン氏の演説がYouTube(The Fourth Women’s Conference in Beijing)で公開されています。

この有名な演説から20年、2014年9月に国連で UN Women親善大使に就任した女優エマ・ワトソンさんが、「彼女が問題にしていたことの大半が現在でも問題として残っている」として、ジェンダー平等と女性のエンパワメントを進展させるため、男性の参加を呼びかけ、ともに進める意義を訴えています。

2011年12月6日に、米国の国務長官ヒラリー・クリントン氏は、国連ヨーロッパ­本部(ジュネーヴ)の国際人権週間の演説で、LGBT(セクシュアルマイノリティ、セ­クマイ)の人権について、30分間にわたり熱弁しています。2016年の米大統領選では、共和党、民主党ともに「セクマイ/女性」が重要なキーワードになります。

ヒラリー(Hillary)のアメリカ大統領への道


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です