Birdman / Facebook

Birdman / Facebook

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が、撮影賞、脚本賞、監督賞、そして作品賞も獲得して4部門の受賞となりました。

監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(Alejandro González Iñárritu、1963年8月 – )さんは、メキシコの映画監督、脚本家です。

リーガン・トムソンは落ち目のハリウッド俳優。かつては「バードマン」という3本のブロックバスター映画で主役のスーパーヒーロー、数10億ドルの興行収入を稼ぐほどのスター俳優だったのですが、それ以降ヒット作に恵まれず、20年以上が経過してしまいます。
60代となり、家庭でも失敗したリーガンは「かつてバードマンを演じた俳優」として惨めな生活を送っていました。

アーティストとしての自分に存在意義を見いだそうと自暴自棄になったリーガンは、ブロードウェイ進出という無謀な決断をします。プレビュー公演は散々な結果に終わり、公演の成功の鍵を握る批評家からも「俳優ではなく単なるセレブリティ」と面と向かってこき下ろされ、本公演の酷評を宣告されてしまいます。

「奥深いストーリーとマイケル・キートンエドワード・ノートンの見事な演技に支えられ、技巧を凝らした野心的な作品」として賞賛され、ゴールデングローブ賞では最多7部門にノミネート、脚本賞と主演男優賞を受賞。アカデミー賞でも最多の9部門にノミネートされていました。
脚本や演出など、楽しみな作品ですね(^^)4月10日(金)から TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー公開です。

第35回ゴールデンラズベリー賞では、最低監督賞:マイケル・ベイ、最低主演女優賞:キャメロン・ディアス、最低リメイク・パクリ・続編賞:ANNIE/アニーなど、賑やかですね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です