Jeremy Howard: The wonderful and terrifying implications of computers that can learn

Jeremy Howard: The wonderful and terrifying implications of computers that can learn

深層学習(Deep Learning)は、対象についての特徴を数段組み合わせ、より複雑な現象を学習する仕組みです。
機械学習の一種である神経網回路(ニューラル・ネットワーク)の層を重ねることで学習するため、人間の脳の仕組みに似ています。

画像認識、音声認識、自然言語処理など、様々な認識タスクで大幅に良い精度を示しており,Google、Facebook、Apple、Microsoftなど多くの企業が研究開発をしています。

コンピュータに学び方を教えた時何が起きるのでしょう? このTED Talkは、科学技術者であるジェレミー・ハワード(Jeremy Howard)が急速に発展しているディープ・ラーニングの分野で起きている驚くべきことを紹介してくれます。

コンピュータが中国語を学び、写真に写っている物を認識し、医療診断をします。(あるディープ・ラーニング・プログラムは何時間もの YouTubeビデオを見た後、「猫」の概念を自ら学び取りました。)この分野の最新動向を押さえておくことにしましょう。それは私達の身の回りのコンピュータの振る舞いを変えることになるでしょうから・・・「あなたが思っているよりも早く」と語っています(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です