Otterness' Playground Park in Aspinwall / Facebook

Otterness’ Playground Park in Aspinwall / Facebook

ニューヨークの地下鉄「14丁目駅(8番街)」の駅構内に、2001年から住んでいる有名な小人さんたちのパブリック・アート作品「Life Underground」は、ブルックリン在住のアーティスト Tom Otterness(トム・オッターネス)さんの作品です。

カタールのドーハなどにも作品があり「最もパブリック・アート作品の多い米国人アーティストの一人(one of America’s most prolific public artists)などと評されるようになってたりします」と、ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんがブログに書いてます。

Immigrant Family / Facebook

Immigrant Family, 2007 Toronto, Canada / Facebook

トムさんの作品には、性差別や階級闘争、お金の争いなどへ言及しているものもありますが、その独特の可愛らしさを備えた数々のブロンズ作品には、思わず笑みがこぼれてきますね(^^)

観る人を楽しませ、和ませ、子どもたちが楽しく遊んだり、親しみを覚えるような漫画のような遊具やブロンズは、分かりやすくパブリック・アートにピッタリのように思います。

YouTubeは、地下鉄「14丁目駅(8番街)」に設置された小さなブロンズ作品たちです。忙しく働くニューヨーク市民を応援する小人たちに見えます(^^)

5月1日にリニューアルオープンする新しいホイットニー美術館には、この地下鉄駅「14丁目駅(8番街)」が近いです。空中公園ハイラインの南端ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です