グレッグ・ゲイジ: 自分の脳で他人の腕を操る方法

Greg Gage: How to control someone else's arm with your brain
Greg Gage: How to control someone else’s arm with your brain

グレッグ・ゲイジ(Greg Gage)は、脳科学(brain science)を皆の手の届くものにすべく活動しています。

ゲイジさんは「私たちの5人に1人(世界の20%)がなんらかの神経疾患を抱えているのです。こうした病気には完ぺきな治療法はありません。ですから、教育課程の早い段階で生徒に神経科学を教えて、将来の選択肢として脳科学者になることを考えてもらえるようにすることです」と語ります。

楽しく、ちょっと不思議なデモで、神経科学者でTEDシニア・フェローであるゲイジさんは、シンプルで安価な手作りキットを使って、参加者の自由意思を取り上げてしまいます。マジックではなく、実際にそう機能するのです。百聞は一見にしかず、ぜひお楽しみください。

Human-Human-Interface
Human-Human-Interface

一般の人には難しい神経科学ですが、分かり易くする電子キットの販売をしています。

Website(backyardbrains)では、オープンハードウェアのアルドゥイーノ(Arduino with Pre-Loaded Code.)基板と機能別の基板キットや、ツールを販売。そしてドキュメント、回路図、ソフトウェアなどを公開しています。

世界初のスマートフォンでコントロールする市販サイボーグとして、Kickstarterプロジェクトから製作された「The Roboroach」の詳しい説明も掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です