記憶に残る社会派映画を描くオリバー・ストーン監督

Oliver Stone / Wikipedia
Oliver Stone / Wikipedia

オリバー・ストーン(Oliver Stone, 1946年9月 – )氏は、米国の映画監督、映画プロデューサー、脚本家です。
1967年から米国陸軍に従軍してベトナム戦争を経験。長距離偵察パトロールLong Range Reconnaisance Patol)(LRRP,LRP)と呼ばれる偵察隊に所属。任務は特殊部隊的な側面を持ち、死傷率がもっとも高かった部隊の一つです。

プラトーン」「7月4日に生まれて」の2作品で米アカデミー監督賞を2度受賞します。その他代表作には「ウォール街」「JFK」「天と地」「ナチュラル・ボーン・キラーズ」「ニクソン」など、記憶に残る社会派映画を製作しています。

映画「プラトーン」は、自身のベトナム戦争での体験がベースになっていると言われ、戦争という異常な状況下で人間はいかに醜く残酷になるか、そして、いかに戦争が非人道的なものであるかを痛烈に訴えています。

Platoon (7/10) Movie CLIP - The Death of Sgt. Elias (1986) HD
Platoon (7/10) Movie CLIP – The Death of Sgt. Elias (1986) HD

映画ウォール街(Wall Street)は、米国では常識とも言えるほど知られた映画であり、経済・金融の論評や記事で引き合いに出されることが多いようです。2010年に続編ウォール・ストリート(Wall Street: Money Never Sleeps)が、再びマイケル・ダグラス主演で製作されています。

2013年9月25日、安倍首相は、ニューヨーク証券取引所での演説において、この映画でのゴードン・ゲッコーのセリフ「Buy my book」をもじり、「Buy my Abenomics」と発言しています。

米国政府や米国政治の腐敗・欺瞞・矛盾を痛烈に批判している作品が多いオリバー・ストーン監督ですが、最新作の映画スノーデン(2015年12月25日全米公開予定)の予告編が初公開されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です