eL Seed: Street art with a message of hope and peace

eL Seed: Street art with a message of hope and peace

チュニジア人の両親のもとフランスで生まれ育ち、多様な文化・言語・アイデンティティを楽しんできたエル・シード(eL-Seed)さんは、アラビア語の詩をストリートアートとグラフィティを活かしたスタイルで表現します。

穏やかながら情熱的な講演で、アーティストでありTEDフェローでもあるシードが目指すのは、翻訳すら必要のない美しいアートです。

シードさんは「私が創り出す作品では、名言や詩などのメッセージを描きます。やり方はカリグラフィティで、カリグラフィーグラフィティを合わせたものです」と作品を紹介。

eL-Seed@djart14 by hichemmerouche

eL-Seed@djart14 by hichemmerouche

「自分の文化に誇りを持っています。私が生み出す作品を通して、それを伝えようとしています。そして、私たちの誰もが持ちうるステレオタイプをアラビア語の美しさで壊したい。

今ではアラビア語のメッセージを壁に描きません。カリグラフィの詩が壊れて欲しくないのです。これは芸術であって意味が分からずとも大切にし、違う国の音楽のように楽しんで欲しいからです」と語っています。

5分30秒と短いですが、素晴らしい作品とTED Talkですね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です