21世紀型スキルへ新たなアプローチが必要(OECD)

Students, Computers and Learning. Making the Connection
Students, Computers and Learning / OECD

生徒、コンピュータ、学習:この3つを関連させる(Students, Computers and Learning: Making The Connection)によると、すでに教育におけるICTに大きな投資をした国でさえ、学習到達度調査(PISA)の読解力、数的リテラシー、科学的リテラシーの成績に目立った向上は見られていません。

今回初となるPISAデジタル能力調査をしたアンドレアス・シュライヒャーOECD教育スキル局長は「学校教育制度は、授業の中にテクノロジーを組み込む、より効果的な方法を見つけ出さなければならない。これにより、教育者には21世紀型教育法を支援できるような環境を提供することができ、生徒には将来成功できるような21世紀型スキルを身につけさせることができます」と述べています。

シリコンバレーには、生徒は家庭でPCに習熟しているので、学校にパソコンは無いところもあります。

「手段」と「目的」を明確に分ける必要があります。一定レベルのデジタルスキルは「手段」であって「目的」ではありません。いまの教育制度や教育内容をそのままデジタル化しても成績は向上しないと思います。
「目的」は、生徒一人一人の個性や創造性を伸ばし、高度のIT応用力やデジタルデザイン力(21世紀型スキル)を向上させることではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です