Nana Fujimoto / @NanaFujimoto33

Nana Fujimoto / @NanaFujimoto33

7月28日に北米プロアイスホッケー女子(NWHL:National Women’s Hockey League)のニューヨーク・リベターズ(New York Riveters)が ソチ五輪日本代表GKの藤本那菜(26)と契約したと発表していましたが、10月3日16時10分、成田からニューヨークに出発しました。

藤本那菜(Nana Fujimoto)さんは、1989年3月3日生まれ、163cm・54Kgで札幌市出身。6歳からアイスホッケーを始め、2007年に札幌大谷高校時代にアイスホッケー女子日本代表に選出されています。
2014年2月のソチオリンピックでは、全試合先発出場しています。

2015年3月の世界選手権ではセーブ率93.75パーセントを記録し、世界選手権で日本人選手として史上初の個人賞となるベストGKを受賞しています。

藤本さんは、国際大会の経験から「国内だけでは世界で通用しない」と感じ、7月下旬にNWHLのトライアウトを受け、ニューヨーク・リベターズと来年3月末までの契約をしたそうです。
NWHLはニューヨーク、ボストンなど米東北部の4チームで構成し、2月末までレギュラーシーズンを戦います。

藤本那菜さんの背番号は33番、リベターズSHOPには番号入りのジャージー(Jersey)もあります。目標は「2018年の平昌五輪のメダル」、カナダと米国の代表も多数所属する新リーグに唯一の日本人選手としてプレーします。

世界で活躍する美人どさんこアイスホッケー選手(^^) 応援しています。

ニューヨーク・リベターズは、12月16日(水)17日(木)そして19日(土)の3日間、初の国際試合としてスマイルジャパンと「栃木県立日光霧降アイスアリーナ」で戦います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です