Museum of Art and Design(アートとデザインの美術館)

Museum of Arts and Design / Wikipedia
Museum of Arts and Design / Wikipedia

ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン (Museum of Arts and Design, MAD) は、米ニューヨークのマンハッタンにある、粘土、ガラス、金属、繊維、および木材などの様々な媒体による現代的な手工芸品の収集、保存、研究、および展示を行う美術館です。
1956年に、先見的なビジョンをもつ篤志家アイリーン・オズボーン・ウェッブ(Aileen Osborn Webb)によって Museum of Contemporary Craftsとして設立。2002年、Museum of Arts and Designとなり、2008年に現在の 2 Columbus Circleへ移転しました。

MADでは、2015年10月20日から2016年2月7日まで、日本の著名な工芸家から新進作家まで12人の作品を紹介し、今日の日本文化において工芸の役割がどのように変化しているのかを探る展覧会を開催します。

MAD上級学芸員ロナルド・ラバコ氏は、「MADは、美術表現の伝統的なアプローチの流動性と、現代技術との複雑な関係を明らかにすることを目的としています。『日本の工芸|Future Forward』展では、古い歴史と現代社会の交差地点に工芸を捉え、伝統を見直すことによって、工芸に新しい息吹を吹き込む作家たちの作品を紹介します」と語ります。

www.madmuseum.org
MAD / www.madmuseum.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です