ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんは「ニューヨークの地下鉄駅構内やホームで遭遇するミュージシャンやパフォーマーの方々を紹介していますが、最近、うちの仲間内で密かに大人気なのがこの彼女・・・。」と、Marikoさんを取り上げています。

Marikoさんは、生後5歳まで日本で暮らし、その後は米ボストンで育ち、15歳の頃からギターを弾いて音楽活動をはじめて、これまでにメジャーな音楽イベントへの参加や、テレビ番組への出演もしています。何となく日本的な声質に聞こえるのは気のせいでしょうか(^^)

このYouTubeは、マルーン5(Maroon 5) の失恋ソング、”This Love”ですが、彼女のオリジナル曲も歌っています。SoundcloudやYouTubeでお聞き下さい。直近では10月21日(水)に「Rockwood Music Hall」でステージが予定されています。


りばてぃ♪さんの「ニューヨークの遊び方」では、 Tags:#街角ミュージシャン&パフォーマーとして数多く紹介(89本/現在)していますが、ニューヨークの強さの源泉 “Diversity”(=多様性)を感じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です