拡張現実(AR)企業マジック・リープ(Magic Leap)が、謎に包まれた同社の技術の一端を紹介する新しい動画を公開しました。

YouTubeのデモ動画には、特殊効果や合成なしで製作したとクレジットされています。

Shot directly through Magic Leap technology on 10/14/15, without the use of special effects or compositing.

Website(www.magicleap.com)では、合成されたコンテンツですが面白い映像を見ることができます(^^)

2014年10月21日、Magic Leap, Inc. のロニー・アボヴィッツ(Rony Abovitz) CEO は、5億4,200万ドルの資金を調達したことを発表しています。Googleはリード投資家として、AndroidとChromeの責任者である Sundar Pichai上級副社長が Magic Leapの取締役に就任しています。

ARや仮想現実(VR)を手がける謎の企業であるマジック・リープは、最新プロジェクトの大部分を厳重に管理しています。
「周囲を遮断する完全な仮想現実(VR)ではない。かといって従来のようなレベルの拡張現実(AR)でもない。われわれははるかに高いレベルであたかも現実の物体であるかのように、精密な 3Dデジタル・オブジェクトを現実世界の中に置くことができる」と述べています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です