広範囲にマシンラーニング技術を適用(Google, Amazon, NVIDIA)

TensorFlow™ / Google
TensorFlow™ / Google

Google が音声検索から写真認識まで多くの自社製品で使用する人工知能・機械学習ソフトウェア TensorFlow をオープンソース化しました。

Google 社内でもここ数年で急速に導入が進められており、よく話を聞く音声認識や翻訳だけでなく、Googleフォトの被写体認識や顔認識、ウェブ検索結果の最適化、Gmailのメール分別、新生メールソフトInboxの自動返信文作成、さらにYouTubeや広告事業まで、ほとんどのプロダクトを支える新たな根幹技術となっています。

先日リリースされたGoogleフォトでは、22のレイヤーで構成されるニューラルネットワークを採用したマシンラーニングモデル Inception(同名の映画から命名)。Inceptionは、ジオタグが付けられていない写真でも、被写体内のランドマーク(例えばエッフェル塔など)など特徴的なオブジェクトを識別して、写真をグルーピングすることができます。

Jetson TX1 / NVIDIA
Jetson TX1 / NVIDIA

NVIDIAのJetson TX1は、クレジットカードと同等サイズを実現した組み込み向けスーパーコンピューターボードです。
Maxwellアーキテクチャの256コアGPUを内蔵し 1TFLOPSの処理性能を実現。CPUが64bit ARM A57で、LPDDR4 4GBメモリと16GB eMMCを標準装備。ネットワークはギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetoothに対応し、4Kビデオエンコーダ / デコーダと1,400万画素×6台までのカメラ制御機能を備えています。

Jetson TX1の採用を想定して提案した機械には、群衆の中で不審な行為がないかどうかを監視するスマートな偵察用ドローンや、お抱え運転手のようにふるまうロボットなど。ロボットは自然言語や運行指示、行動認識などを通じて持ち主の習慣やニーズを認識します。

Jetson TX1開発キット 市場想定売価599ドル(近日発売予定)

Amazon Machine Learning の概要(日本語字幕)
Amazon Machine Learning の概要(日本語字幕)

Amazon Machine Learning は、どのスキルレベルの開発者でも、機械学習テクノロジーを簡単に使用できるようになるサービスです。

Amazon 社内のデータサイエンティストコミュニティで数年間使用されてきたものと同じ実証済みの高度にスケーラブルな ML (機械学習)テクノロジーに基づいています。このサービスでは、強力なアルゴリズムを使用して、既存のデータのパターンを検索することで ML モデルを作成します。
その後、Amazon Machine Learning ではこれらのモデルを使用して新しいデータを処理し、アプリケーションの予測を生成します。

ハードウェアの性能向上とソフトウェアの生産性向上(オープンソース化)、クラウド化などで、機械学習と人工知能の適用範囲は分野を問わず飛躍的に拡がっていきます(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です