Reading e-mail / Toms Baugis

Reading e-mail / Toms Baugis

1990年に海外研修の際、MIT Midia Labの教授の部屋で説明を受けました。パソコン通信の時代でしたが、傍に Macintosh 128Kと、古いタイプライターが並んでいました。

タイプライターは公式文書や古い友人との手紙を作成する時に使用し、大学や研究関連のコミュニケーションは、便利な電子メールを使用していると話されていました。家族の間では手書きです。

2015年の年末に「日本病」について、ジャーナリストの冷泉彰彦さんから提示された項目は以下の6項目です。
(1)コミュニケーションと言語の特殊性(2)上下関係のヒエラルキー(3)東京一極集中は何故ダメなのか?(4)産業構造が高付加価値型になっていない(5)苦手でも金融をやるしかない(6)無駄だらけの教育システム

1月14日の Newsweekに下記の記事があり、上下関係のヒエラルキーと一体化した特殊な日本型コミュニケーションの「非生産性」について述べています。特殊な日本型コミュニケーションは、ビジネスの生産性向上を大きく妨げています。一読をお勧めします。

Family face to face / julien haler

Family face to face / julien haler

当ブログで「友人や家族とのコミュニケーション手段の動向」を掲載しました。調査データでは、先進国はネット時代になっても圧倒的に「親しい友人や家族」との「対面:Face to Face」コミュニケーションを大事にしています。

しかし、日本では「電子メール」や「携帯電話」、最近では「Line」などのコミュニケーションで済ましているとの結果です。便利なのは分かりますが、それでは何故ビジネスでは、非生産的な会議や委員会(対面型)などが多いのでしょうか?

組織の上下関係のヒエラルキーと一体化した、非生産的な日本型コミュニケーションは、ビジネスにおける生産性向上を「世界から周回遅れ」状態にしています。

「対面:Face to Face」「電話」「電子メール」「掲示板」「Line」「Skype」「電子会議」「在宅勤務」などなど、数多くのコミュニケーション手段を、そのメリットとデメリットを考慮して組み合わせ、ビジネス(仕事のやり方)を合理的に最適化しないと「日本病と日本経済の凋落」「長時間労働」「少子化」などを止められないと思います。

友人や家族とのコミュニケーション手段の動向



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です