Melissa Fleming: How to help refugees rebuild their world

Melissa Fleming:
How to help refugees rebuild their world

国連難民高等弁務官事務所のメリッサ・フレミング(Melissa Fleming)さんが、難民キャンプは自分たちの故郷を再建するために必要なスキルを身につけることができる癒やしの場所であるべきだと呼びかけます。

フレミングさんの TED Talkは「私が難民のために働き始めた理由は、状況を改善したかったからです。そして、状況の改善は皆さんに彼らの話を伝える事から始まると思います」と語り始めます。

・シリア難民の子供たちや、全ての難民の子供たちは言います。
「教育が自分たちの人生にとって最も重要」だと。それはなぜか、教育のお陰で彼らは過去の悪夢でなく、未来について考えられるようになるからです。「憎しみ」ではなく「希望」について考えられるようになるのです。
・ソマリアの難民キャンプで女の子に大人がよく子どもにするような質問をしました。
「好きな教科は何?」「大人になったら何になりたい?」そうしたら、ポカンとした表情になり私に言いました。「私に未来はないの、私の学校生活は終わっちゃったの」・・・。

最後に「私は難民をどう扱うかによって世界の未来が決まると思います。戦争の被害者が持続的な平和への鍵を握っています。 そして、暴力の連鎖を断ち切るのは当事者である難民です。」と語ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です