America Has The Right Type Of Mosquito For The Zika Virus - Yale Epidemiologist / Day Donaldson

America Has The Right Type Of Mosquito For The Zika Virus – Yale Epidemiologist / Day Donaldson

2月1日、WHO(世界保健機関)は、感染がほかの地域にも広がるおそれがあるとして、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言しました。

WHOによりますと、ジカ熱(Zika fever)は、2015年5月にブラジルで感染が確認されてから、これまでに中南米を中心に25の国と地域に広がり、感染者は今後400万人に上るおそれがあるとしています。

ジカ熱は、新生児の脳が先天的に小さく、脳の発達に遅れがみられる「小頭症」との関わりも指摘されていますが、予防のワクチンなどはありません。

ジカ熱は「ジカウイルス」を持つ蚊に刺されることで発症するウイルス性の感染症です。感染すると3日から12日間ほどの潜伏期間の後、発熱や頭痛、それに関節痛などの症状を引き起こします。

ウイルスを媒介するのは主に熱帯や亜熱帯に生息する「ネッタイシマカ」や、日本にも生息する「ヒトスジシマカ」です。去年5月以降にブラジルで感染が確認されて以降、中南米を中心に24の国や地域に広がり、アメリカやヨーロッパでも流行地を訪れた人たちが帰国後にジカ熱を発症するケースが報告されています。

1947年にアフリカ大陸のウガンダ「ジカの森」でウイルスを初めて発見、大陸を横断するように流行しています。2015年5月にブラジルでウィルスが見つかり、中南米で急速に広がっています。

Zika Virus - Infographic / DaSantosh

Zika Virus – Infographic / DaSantosh(クリックで別窓に拡大)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です