人気のCIA機密文書公開とX-Files(Xファイル)

Sheffield, England,4 March 1962 / CIA
Sheffield, England,4 March 1962 / CIA

2016年1月21日、米国の中央情報局(CIA)は、1940年代後半から50年代にかけて調査したUFOに関する200件以上の機密文書を公開しました。人気ドラマ「Xファイル」を意識して、最後は「The truth is out there(真実はそこにある)」という、ドラマで使われたフレーズで締めくくられています(^^)

モルダー捜査官が地球外生命体の存在を主張するために役立ちそうな文書として、「1952年に旧東ドイツ上空で報告された空飛ぶ円盤」など5点の報告書をピックアップ。また、スカリー捜査官がUFOの存在を信じてしまいたくなるような文書として、「1953年1月14~17日付:未確認飛行物体に関する科学諮問委員会会議録」など5点の文書を選出しています。

1978年にCIAは、UFOに関する諜報活動を認めて報告書の存在を明らかにしましたが、国家安全上の理由から、それらの一部は長らく機密扱いされて非公開にされてきました。

2015年の人気記事TOP15には、「サメ忌避のレシピ研究」「犬の訓練」「エリア51、U-2のテストフライト」や「ステルス偵察機 OXCART vs Blackbird」など興味深い記事を掲載しています。嘘みたいな?ユニークな諜報活動や研究開発が明らかになり面白いですね(^^)

CIAなどの政府機関では、国家機密文書も一定期間を経て国民に公開するよう法律で義務づけられています。しかし、旧式の図書館のように手続き窓口に閲覧請求を出してから複写コピーする必要があります。日の目を見たことがないCIA文書は約1,300万ページ。これらの公開文書群をスキャンして、Internet Archiveサイトに登録する Kickstarterプロジェクト(目標額は10,000ドル)が開始されています。

CIA Museum(CIA博物館/3,500項目)のスパイロボット開発も面白いですね(^^)

Dragonfly Insectothopter / CIA
Dragonfly Insectothopter(超小型飛行機) / CIA

Robot Fish "Charlie" / CIA
Robot Fish “Charlie”(無人水中ビークル) / CIA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です