Atlas,The Next Generation / Boston Dynamics

Atlas,The Next Generation / Boston Dynamics

アトラス(ATLAS)は、「DARPA ロボティクス・チャレンジ 2013(DRC)」の共通プラットフォームとして、DARPAとボストン・ダイナミクス(Boston Dynamics)社が共同で設計、製造したヒト型ロボットです。身長は180cm、重量は150kgです。

新バージョンのアトラスは小型化して、背の高さがおよそ155cm、重量は81kgです。バッテリーで動き、環境認識は頭部にあるLIDAR(ライダー)とステレオセンサーを利用しています。

手と足に付いた幾つものセンサーによって転倒しないようになっています。雪道の上を転ばないで歩いて移動したり、箱を持ち上げたり、突き飛ばされて床に倒れても立ち上がることができます。

カリフォルニア大学バークレー校のケン・ゴールドバーグ教授(ロボット工学)は、動画を見た感想として「これはまさに度肝を抜くような出来です。多くの動きが本当にスムーズにできています」と語っています。

このアトラスの滑らかな動きと、意地悪や倒されても、ひたすら任務を遂行しようとする様子に、観る側にある種の感情を抱かせます。特にアトラスが人間にホッケーのスティックで突かれるシーンや、後ろから突き倒されるシーンでは「かわいそう」と感じてしまいます。

不気味の谷現象」と呼ばれていますが、ヒト型ロボットが登場する映画などで話題になります(^^)

via GIPHY


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です