東日本大震災追悼式典 / TOGETHER FOR 311

TOGETHER FOR 3.11 FIFTH ANNIVERSARY MEMORIAL

2011年3月11日、未曾有の地震と津波が東日本を襲いました。その衝撃と悲しみに、ここNYでも多くの人たちが、なにかをせずにいられない気持ちにかられて動きました。あれから5年。

多くの被災地は復旧し、沿岸部もかさあげをされています。そのいっぽういまだ6万8000人の方が仮設住宅に暮らしており、復興が進まないまま過疎になった地域との落差も目立ちます。
元の力を取り戻すにはまだまだ時間はかかるでしょう。それでも復興地の方たちは今日も前に進もうとしています。

私たちにできることは、まず「忘れない」こと。復興地に暮らす方たちを、あの日を、何かしたいと願った心を。東北からのビデオメッセージを見て、心をこめて祈りましょう。そして「NYは忘れていないよ、一緒に前に進んでいきましょう」そのメッセージを復興地に送りつづけましょう(TOGETHER FOR 3.11から)

陸前高田市の酔仙酒造 社長 金野連(つらね)さん(55)は、米国・ニューヨーク市の教会で6日行われる東日本大震災追悼式典「TOGETHER FOR 3.11」に出席し、この5年の歩みを伝えるスピーチをします。また、宮城、福島両県の園児らがビデオ出演します(岩手日報社)

ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんが、この「東日本大震災追悼式典」と、命がけで子ども達を救った「テイラー・アンダーソン(Taylor Anderson)さん」という若い米国人女性教師を紹介しています。

ニューヨークはあの日を忘れない / TOGETHER FOR 3.11

ニューヨークはあの日を忘れない / TOGETHER FOR 3.11


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です