Google「Cloud Machine Learning 」を一般開放しました。

What is Cloud Speech API? / Google Cloud Platform
What is Cloud Speech API? / Google Cloud Platform

3月23日、Googleは米サンフランシスコで開催中の Google Cloud Platform Global User Conference 2016(GCP NEXT 2016)で、機械学習技術を容易に利用できる最新の製品ファミリ Cloud Machine Learning(クラウドの機械学習)を発表しました。

Googleがオープンソースとして公開した、機械学習ライブラリ TensorFlow を利用するデータ上に機械学習モデルを構築できます。

「Google Now」や「Google Photos」などの Googleサービスで利用されている機械学習技術や、「Google検索」の音声認識と同じ技術を利用しており、REST APIを利用するのと同じぐらい簡単になるといいます。Cloud Machine Learningは「機械学習をメインストリームにする」としています。

また、機械学習モデルとして新たに音声認識の「Cloud Speech API」を加えています。これまでに Google翻訳の「Google Translate API」、画像解析の「Cloud Vision API」が提供されています。

Cloud Speech APIは Googleアプリの音声検索などと同じ高度なニューラル・ネットワークを利用しており、80以上の言語で音声によるテキスト入力が可能となります。
Raspberry Piベースのロボットと、「Cloud Vision API」「Cloud Speech API」を使った楽しい解説動画(YouTube)があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です