会話型アシスタント機能 Google Assistant とGoogle Home

Google Home / home.google.com
Google Home / home.google.com

Googleは、年次開発者会議「Google I/O 2016」で、人工知能(AI)採用bot「Google Assistant」を発表しました。
すでに発表した新メッセージングアプリ「Allo」やビデオチャットアプリ「Duo」、「Google Home」他、様々なGoogleサービス、ハードウェアで利用できるようになります。

サンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)CEOは、基調講演で機械学習とAIの重要性を繰り返し、Google Assistantはこれらの技術を活用した、自然言語による会話ベースのアシスタントだと説明しました。「ユーザー1人1人に最適化した Googleを提供したい」としています。
ユーザーが、Googleアカウント経由でスケジュールや連絡先、位置情報、検索履歴など、膨大なユーザーデータで学習した AIに基いてユーザーからの質問や命令のコンテキストを解析し、適切な対応を試みます。

注目されるのは、家庭用の音声アシスタント端末 Google Homeのように思います。マイクとスピーカーを備え、人工知能botの Google Assistantの機能と、Chromecastの機能を併せ持っています。また、Alphabet傘下の NestのIoT製品と連係する家電の制御も可能です。BluetoothとWi-Fiで接続、斜めの天面にはLEDライトがあり、命令を受信した際などに点滅します。

Google Home / home.google.com
Google Home / home.google.com
「OK Google」と呼び掛けて天気予報を聞いたり、部屋の照明をつけたり、音楽を流したり、Uberで配車を手配したり、花を注文したりできます。価格は未定、発売時期は「年内」としています。

Google Homeは、家庭に居る高齢者から幼児まで、会話でいろいろな要求に応える「家庭用AIロボット」に発展させるコミュニケーション基幹技術だと思います。早速、人型ロボット「Pepper」をAndroidに対応させ、7月から開発者向けモデルの先行販売を開始すると発表しています。

Google Homeを使っている様子は以下のデモ動画を見るとよくわかります。Gigazineで分かりやすく説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です