Pope Francis received in audience in the Vatican on Monday the Grand Imam of Al-Azhar, Sheik Ahmed Muhammad Al-Tayyib. / Facebook

Pope Francis received in audience in the Vatican on Monday the Grand Imam of Al-Azhar, Sheik Ahmed Muhammad Al-Tayyib. / Facebook

5月23日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王と、イスラム教スンニ派(Sunni)の最高権威機関アズハル(Al-Azhar)の指導者、アフメド・タイブ(Ahmed al-Tayeb)師が、ローマ法王庁(バチカン)で歴史的な会談を行いました。
フランシスコ法王とタイブ師は、今回の会談が両宗教の理解と対話を深めるきっかけになることを願っています。

バチカン関係者が記者団に明かしたところによると、法王はタイブ師と抱擁とキスを交わした後、会談の冒頭で「われわれの対面こそがメッセージになる」という短いコメントを出しています。

今回のバチカン訪問に当たってアズハル側は、双方が「平和会議」を開くことに合意したと発表。バチカン側はこの会議計画について直ちには確認しませんでしたが、報道官は約30分に及んだこの会談が「非常に心のこもった」ものだったと述べました。

先週突然発表された今回のバチカン訪問は、前法王時代に両宗教間に存在した深刻な緊張が、フランシスコ法王就任後に緩和されたことを受けて実現しました。

バチカンのフェデリコ・ロンバルディ報道官は声明で、法王とタイブ師は「主に世界の主要宗教の権威と、信者らが直面している共通の課題に焦点を当てた」とし、この課題には世界平和に向けた協力、暴力行為やテロの拒絶、中東の紛争やテロを背景としたキリスト教徒をめぐる現状や、保護などが話し合われたことを明らかにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です