ILMxLAB and Magic Leap “Lost Droids” Mixed Reality Test

ILMxLAB and Magic Leap “Lost Droids” Mixed Reality Test

Lucasfilm(ルーカス・フィルム)は、Magic Leap(マジック・リープ)と共同で、「半秘密」研究施設を6月に設立します。
マジック・リープの複合現実(MR)技術を通して、世界中の人々に映画「スター・ウォーズ」の世界に浸ってもらおうとしています。

複合現実で、デジタル画像がユーザーの視界の上に重ねられる様子を示した「概念実証動画」を公開しました。
両社によると、Magic Leapの技術を利用するユーザーが、室内にてライブで目にする様子を示したものだということです。

Magic Leapの最高経営責任者(CEO)を務める Rony Abovitz氏は、「まるでそれが、目の前に存在するようだ」そして、「自分の生活をスター・ウォーズの世界に少し近づけて演出することができるだろうか」と語っています。

Abovitz氏は、この新しい研究施設をニューヨークで開催されている Wired Business Conferenceの壇上で発表しました。

Lucasfilmの最高技術責任者(CTO)を務める Rob Bredow氏と、ILMxLabのクリエイティブディレクターである John Gaeta氏が、同氏とともに登壇しました。ILMxLabは、Lucasfilmと、VFX企業である Industrial Light & Magicおよび Skywalker Sound傘下のインタラクティブ技術の企業です。

Magic Leapが実現する新しい朝「A New Morning」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です