Google、触れて学ぶプログラミング「Project Bloks」発表

We’ve created a modular system for tangible programming made up of electronic boards and programmable pucks — which enable you to send instructions to devices when connected together.
We’ve created a modular system for tangible programming made up of electronic boards and programmable pucks — which enable you to send instructions to devices when connected together.

Googleが、ブロック(積み木)を使用して子どもたちにコーディングを教えるというシンプルなコンセプトに基づいて、触れて学ぶプログラミング学習プラットフォーム「Project Bloks」を発表しました。

これまでにもプログラミング言語の概念を学ぶ MITの「Scratch Blocks」などのプログラムで試行されている手法です。しかし、これは子どもたちがPCやダブレットを必要とする Scratchとは異なり、実際に触れるブロックを使用します。
Googleはこれを「Pucks」や「Board」と呼んでいます。

処理と接続を司るのは、低価格の「Raspberry Pi Zero」をベースとした「Brain Board」です。個々のPuckは、それぞれ異なる命令でプログラムすることができます。例えば、オン/オフ、左に移動、音楽再生などの命令ブロックです。

分かりやすいデザインの Puckを配置すると、Base Boardsが命令を読み取って、「Brain Board」にフィードバックします。この一連の処理を自由に並べ替え、無限につなげて構成することができ、新しい遊びの体験が生み出されます。子どもたちの楽しい、触れる(体感)学習は、学習効果が高そうですね(^^)

Pucks / Project Bloks
Pucks / Project Bloks

Project BloksのLeadであるJayme Goldstein氏は、本質的に触覚に強く訴える玩具を使用して、まだ読み書きを学んでない5歳ほどの子供たちに、確立されたコンピューティングの考え方を教えることが可能だと述べています。
Googleの Project Bloksは研究プロジェクトです。そのため、すべてオープンソース化されており、玩具メーカーはこれを利用して自由に構築することができます。あらゆる素材や形で玩具を製造することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です