伊坂重孝 著書「クラス名簿がとどいて」

伊坂重孝 著作「クラス名簿がとどいて」
伊坂重孝 クラス名簿がとどいて / 三月書房

伊坂重孝(いさか しげたか, 1923年札幌生まれ)氏が、7月22日、急性呼吸不全により亡くなりました。満93歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

元札幌テレビ放送(STV)社長の伊坂さんの「人となり」が良く分かるのは、1992年(古稀)の著書「クラス名簿がとどいて」のように思います。
著書の中で「ある青春」と題して、絵を描く魅力に惹かれていく自身を素直に語っています。以下は引用です。

学生時代は絵や彫刻を見るのが好きだったが、自分では描かなかった。描くとなると照れくさく億劫、始めてみると病みつきに・・・。
昭和24年に道展初入選、25年に人物2点が入選して、市長賞を受けた。望外の喜びだった。裸婦クロッキーの味を覚え、道展クラブには「裸の女の魅力にひかれて顔を出したのが本音・・・」と語っています。

裸婦の作品は何点かが売れた、裸婦の作品は意外に換金性があり、新たな注文がくることもあった。若い画家たちや会社の仲間たちとも良く飲んだ。ここに私の青春があった・・・。

葬儀の祭壇には自身の作品が展示され、「病床においても絵筆を握っていた」と、施主の伊坂重春さんが語っていました。優れた経営者として、また北海道教育委員や、社団法人日本民間放送連盟副会長、北海道文化財保護協会副会長、財団法人アイヌ無形文化伝承保存会理事など、多くの公職にも就かれていましたが、いつも根底にはクリエイター伊坂重孝がいたように思います。

天国では青春時代と変わらぬ好奇心で、思い切り自由に絵を描いていることと思います。

モエレ山(2012年8月)/ Wikipedia
モエレ山(2012年8月)/ Wikipedia

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です