イタリア地震:がれきの下で幼い妹を守った9歳の姉(Giulia)

The older one, Giulia, was sprawled over the smaller one, Giorgia. Giulia, dead, Giorgia, alive. / AP
The older one, Giulia, was sprawled over the smaller one, Giorgia. Giulia, dead, Giorgia, alive. / AP(YouTube)

イタリア中部で起きた地震では、これまでに291人の死亡が確認されました。国葬では、9歳の女の子ががれきの下で幼い妹をかばうようにして亡くなったことが伝えられ、イタリア国民は悲しみを深めています。

地震が起きてから丸4日がたち、これまでに21人の子どもを含む291人の死亡が確認されています。

8月27日、被災地では国葬が執り行われ、会場の一つでは、司祭が9歳のジュリア・リナルド(Giulia Rinaldo)さんの死について語りました。(YouTube)
ジュリアさんは、4歳の妹のジョージア(Giorgia)さんと祖父母の家を訪れていましたが、地震が起きてがれきの下敷きになりました。およそ16時間後に救助隊に発見されたとき、ジュリアさんはすでに亡くなっていましたが、姉のジュリアさんが抱きしめてかばうようにしていた4歳のジョージアさん(写真)は、ほぼ無傷で救出されました。

救助隊の一人はジュリアさんの棺に手紙を添え、その中で「救出が間に合わず、許してほしい。私のことを知ってもらうことはできなかったけど、君を愛しています」などと9歳のジュリアさんの死を悼んでいました。

ジュリアさんとジョージアさんは、仲のよい姉妹だったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です