Robert Waldinger: What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness

Robert Waldinger: What makes a good life? Lessons from the longest study on happiness

一生を通して、私達を幸福で健康にするものは何でしょう?

名声や富でしょうか。そう考える人はたくさんいます。しかし、ハーバード大学医学部臨床教授のロバート・ウォールディンガー(Robert Waldinger)さんによると、それは間違っているのです。

75年にわたる成人発達に関する研究のディレクターであるウォールディンガー教授は、真の幸福と満足感に関する無類のデータを基に、この研究結果が私達に教える3つの重要な教訓と、昔からの知恵、幸せで長寿の秘訣を、このトークで語ります。

ハーバード成人発達研究は、史上最も長期にわたって成人を追跡した研究です。75年間724人の男性を追跡し、休むことなく仕事や家庭生活、健康などを記録しました。もちろん、その期間中、我々は彼らの人生がどう展開するかは知る由もありませんでした。

この75年もの研究から分かったのは、「いい人間関係が幸せと健康の秘けつ」だということです。再生回数が1100万回(22番目)を超えた人気の興味深い TED Talksです(^^)

最後にウォールディンガー教授は、マーク・トウェインの言葉を引用しています。「かくも短い人生に、諍い、謝罪し、傷心し、責任を追及している時間などない、愛し合うための時間しかない、それが例え一瞬にすぎなくとも」 いい言葉ですね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です