アメリカの「忘れられた労働者階級」の葛藤(TED: J.D. Vance)

J.D. Vance: America's forgotten working class
J.D. Vance: America’s forgotten working class

ベストセラー Hillbilly Elegy(ヒルビリー・エレジー)の著者 J.D.ヴァンス(J.D. Vance)さんは、米オハイオ州南部の通称「ラストベルト」と呼ばれる工業地帯にある小さく貧しい町に育ち、ヘロインの蔓延、破綻した教育制度、離婚や暴力により引き裂かれた家族など、現在のアメリカにはびこる多数の社会問題を目撃してきました。

講演でヴァンスさんは、「アメリカンドリーム」を見失うとはどういう感覚なのか説明し、地域のリーダーから政策立案者を含むすべての人が考えなければならない質問を投げかけます。

アメリカの忘れられた街に住む子供たちを絶望から解放し、より良い暮らしを送れるようにするために、私たちに何ができるでしょう?

Hillbilly Elegy @HillbillyElegy
Hillbilly Elegy
@HillbillyElegy

本のタイトルになっている Hillbilly(ヒルビリー)は、田舎者の蔑称の意味をもち、1730年代に移住してきたスコットランド系アイルランド人をいうようです。

ヴァンスさんは、彼らをこう説明します。
「貧困は家族の伝統だ。祖先は南部の奴隷経済時代には日雇い労働者で、次世代は小作人、その後は炭鉱夫、機械工、工場労働者になった。米国人は彼らのことを、ヒルビリー(田舎者)、レッドネック(無学の白人労働者)、ホワイトトラッシュ(白いゴミ)と呼ぶ。でも、私にとって、彼らは隣人であり、友だちであり、家族である」

つまり、「米国の繁栄から取り残された白人」だといいます。

ヴァンスさんがヒルビリーと呼ぶ故郷の人々は、トランプ次期大統領のもっとも強い支持基盤と重っています。「米国の労働者階級の白人」を、これほど鮮やかに説明する本は他にはないと言われています。エッセイスト、翻訳家の渡辺由佳里さんが、大統領選挙でトランプ氏を歓迎した白人労働者階級が理解できる素晴らしい回想録として紹介しています。興味深い本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です