安倍首相が真珠湾を訪れる初の日本人リーダーへ

戦艦ミズーリとアリゾナ記念館 / Wikipedia
Arizona Memorial at Pearl Harbor, Hawaii(戦艦ミズーリとアリゾナ記念館) / Wikipedia

12月5日、安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、12月26日と27日にハワイを訪れ、太平洋戦争の発端となった75年前の旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者をオバマ大統領とともに慰霊することを明らかにしました。

現職の総理大臣が真珠湾を訪れて犠牲者を慰霊するのは初めてです。

安倍総理大臣は「今月の26日、27日、ハワイを訪問し、オバマ大統領と首脳会談を行う。ハワイでの会談はこの4年間を総括し、未来に向けてさらなる同盟の強化の意義を世界に発信する機会にしたいと思う。これまでの集大成となる最後の首脳会談となる」と述べました。
そのうえで、「その際、オバマ大統領とともに真珠湾を訪問する。犠牲者の慰霊のための訪問だ。二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。未来に向けた決意を示したいと思う。同時に、日米の和解の価値を発信する機会にもしたいと考えている」と述べました。

真珠湾攻撃(Attack on Pearl Harbor、日本時間1941年12月8日未明、ハワイ時間12月7日)から75年の年、オバマ大統領が次世代のために「広島訪問という大きな決断」をしたように、安倍首相も次の世代のために「真珠湾の訪問」を決意、発表したと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です