Android Instant Apps / Google

2016年5月の Google I/Oデベロッパー・カンファレンスで 最高の Androidエクスペリエンスをユーザーに提供するとして、Android Instant Appsが発表されました。(YouTube)

Instant Appsの理想は、ウェブ・ページのアクセスの手軽さとネーティブ・アプリの機能と高速性を合わせたような存在になることです。ネーティブ・アプリを非常に細かい要素に分解し、ユーザーが必要な要素だけをダウンロードするというものです。要素が小さいためダウンロードも作動もほとんど瞬時に行われます。

Androidアプリのストアに行き、アプリをインストールし、その後に起動するという手間をかける必要がありません。単にURLをタップするだけでよいのです。
頻繁に利用することがないアプリを端末にインストールして容量を圧迫、無料のアプリでもインストールには躊躇ことがあるはずです。そんな「余計なアプリはインストールしたくない派」の人たちにとっても画期的ですね(^^)

1月23日に始まった実地試験では、「BuzzFeed」や「Wish」「Periscope」「Viki」がInstant Appsとして提供されており、ユーザーからのフィードバックを集めて改善を行うことで、今後は対応アプリを増やしてユーザーエクスペリエンスの拡大を図る予定とのことです。

実際の使用例としては、スマート駐車場での決済機能を使用できるアプリや、小売店などで使えるショップ専用アプリ、美術館での鑑賞やスポーツ施設での観戦の際に役立つ情報を提供するアプリなどが考えられています。都市や地域限定の観光案内アプリなども非常に便利そうです(^^)

Android Instant Apps の機能は、既存の Androidアプリのアップグレードであり、新規の別アプリではありません。Android APIも、プロジェクトも、ソースコードも同じです。この機能を有効にする作業には1日もかからない場合もあります。ただし、必要な作業は、アプリの構成によって違ってきます。詳しくは下記へ

  • Android Instant Apps(developer.android.com) ドキュメントへのアクセスを申し込む

カテゴリー: Media

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA