2009年1月20日から2017年1月20日までの8年間、第44代米国大統領としてホワイトハウスから米国と世界を見つめ、歴史を刻んできました。バラク・オバマ氏は、歴代大統領で最もアート作品になっているそうです。最後の支持率はなんと60%でした。

ホワイトハウスを後にする最後の一瞬を捉えた一枚の写真。その後ろ姿に寂しさも漂いますが、颯爽と光に向かう構図は新たな希望に向かっているような素晴らしい陰影のラストシーンです。

Peace out (i.imgur.com)

カテゴリー: MediaUSA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA