Adam Galinsky: How to speak up for yourself

はっきり自分の考えを述べることは、そうすべき時でも難しいものです。

社会心理学者アダム・ガリンスキー(Adam Galinsky)さんの賢明な助言から、意見をはっきりと述べ、難しい状況もくぐり抜け、自分自身の力を強化する方法を学ぶことができます。

ガリンスキーさんは、自己主張のジレンマに関して世界中の人々に質問をしてきました。自分を強く主張できる時とは? 自分の利益や関心を押し通せる時とは? 自分の意見を表現できる時とは? 野心的な要求ができる時とは?
この調査を通して人にはそれぞれ許されている言動の範囲があることに気がついたそうです。この講演では、自分の言動の許容範囲を広げる興味深い道具一式を述べています。

ガリンスキーさんは、最も重要な道具の1つに「他者視点取得」と呼ばれるものがあると指摘。他者視点取得とは、実に単純で他者の視点を通して世の中を見るということです。これが自分の許容範囲を広げてくれる最も重要な道具の1つと言います。

「相手の視点を取り入れて相手が本当に望んでいるものを考えると、相手から自分の望んでいるものをもらえる可能性が高まります」と、その重要性について語っています。

カテゴリー: TED

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です