Fuocoammare (2016) / IMDb

ジャンフランコ・ロージ監督の「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」は、アフリカ大陸にもっとも近いイタリア領最南端の島ランペドゥーサ島を舞台にしたドキュメンタリー映画です。

12歳の少年サムエレが生まれたこの島には、彼が知らないもうひとつの顔があります。それは、アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口としての顔です。

島の自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の旅を経て島へとやってきた難民の涙。
小さな島の中には死があり、そして、生があります。美しく詩情あふれる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作です。

ジャンフランコ・ロージ監督が島へと移り住み、1年半をかけて温かくも冷静な眼差しで、島の「真の姿」を描き出したドキュメンタリーです。

ロージ監督は、二作連続で世界三大映画祭の最高賞を受賞しただけでなく、「ベルリン」「ヴェネチア」でドキュメンタリー映画で初の最高賞を受賞するという快挙を成し遂げています。
審査員長のメリル・ストリープは「現代を生きる私たちに必要な映画。この映画が世界中で公開されるためならどんなことでもする」と力強く本作を応援しています。

・第66回ベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)受賞
・第89回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表
「海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~」は、2017年2月11日(土・祝)から Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です