IMD World Digital Competitiveness Ranking / IMD

2017年5月31日、スイスの国際経営開発研究所(IMD)は、主要63カ国・地域を対象にした2017年版「世界競争力ランキング」を発表しました。

同時に新しいレポートであるデジタル競争力ランキング(Digital Competitiveness Ranking)を発表しています。

2017年総合の首位は香港、2位はスイス、3位シンガポールとなり、米国は3位から4位に後退しています。オランダ、アイルランド、デンマーク、ルクセンブルグ、スウェーデン、UAEがトップ10に入っています。12位カナダ、13位ドイツ、14位台湾、15位はフィンランド(昨年20位)でした。
そして、中国が昨年25位から18位に躍進しています。

日本は昨年と同じ総合26位、14位の経済(Economic Performance)や、35位の政府(Government Efficiency)が若干改善していますが、民間(Business Efficiency)が35位(昨年29位)と大きく下げています。新しい成長戦略を作成しても競争力は長年停滞したままです。

日本のデジタル競争力ランキングは、63カ国中27位。首位はシンガポール、2位スウェーデン、3位は米国です。日本は、デジタル経済の推進を担うIT人材が41位、デジタル教育が31位、キャピタルが33位、デジタル分野規制は37位、デジタルで変化に即応できる力(Business agility)は、なんと57位です。デジタルやITを活用した改革が進まず、ビジネスチャンスにも即応できない日本の実態が反映されています。

OVERALL RANKING AND FACTORS / IMD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です