Artificial Intelligence: Why Diversity Matters | Matt Zeiler | TEDxYouth@Toronto

マシュー・ズィーラー(Matt Zeiler/Linkdin)氏は、2013年に機械学習(マシンラーニング)で博士号を取得してニューヨーク大学を卒業しました。その後、彼のもとには IT大手企業が続々とスカウトに訪れました。

Googleからの誘いを断り、数日後には Microsoftからオファーが来ました。Appleからの面談の誘いを受けシリコンバレーに飛んだ際には噂を聞きつけたマーク・ザッカーバーグが FacebookのAIチームに加わるように説得しました。

ズィーラー氏は各社からのオファーを丁重に断り、スタートアップを立ち上げます。「今から考えるとクレイジーな決断だったかもしれない」と彼は当時を振り返ります。しかし、ズィーラー氏の生み出した AIアルゴリズムは特定の領域では Googleを上回っていました。

それから4年、ニューヨーク本拠のスタートアップ「Clarifai」は、機械学習の領域で最も有望な企業として広く知られています。Clarifaiは画像や動画の認識ツールを開発者向けに提供し、この分野で Googleや Microsoftを競合と見据えています。

Clarifaiが直近で力を注ぐのは、大手が注力するクラウドのデータではなく、スマートフォンをベースとした画像のAI解析です。ディープラーニングを人々が肌身離さず携帯するスマートフォンから広げて行こうとする戦略は注目されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です