Share of Mobile App Time Spent by Content Category / comScore

8月24日、米国のインターネット視聴率の測定、モバイル利用動向調査などデジタル市場分析を行うコムスコア(comScore)から、モバイルアプリに関する2017年レポート(The 2017 U.S. Mobile App Report)が発表されました。

デジタルメディア利用時間の半分をスマートフォンのモバイルアプリが占めるまでになっており、現代のライフスタイルに定着しています。そのモバイルアプリ利用動向から興味深い特徴も分かります。

飛躍的に多様化したアプリのカテゴリでは、ソーシャルメディア、音楽、動画、ゲーム、写真、メッセージなど、エンタメとコミュニケーションで2/3近くを占め、さらに利用アプリの定番化も進行しています。特に動画や音楽の利用時間が増加傾向で、あらゆるメディアを統合し、サービスを集約していく動向は続きそうです。

年齢層による利用アプリでは、18-34歳には Snapchat、Instagram、pandoraなどが Top10に入っています。実用やビジネスを重視する35歳以上とのライフスタイルの違いや、スマートフォンの意味付けの違いが表れています。
年代によるスマホの画面整理、片手アクションの違いや、DeskTop、モバイルWeb、モバイルAppとして利用する割合など詳細レポートは下記からご覧ください。

Top Apps by Unique Visitors / comScore Mobile Metrix, U.S., Age 18+, June 2017

Share of Platform Time Spent by Age / comScore


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA