Kickstarter(キックスターター)日本版サービスを提供開始

日本のプロジェクトを世界に向けて / Kickstarter

世界最大のクリエイティブなプロジェクトのためのファンディングプラットフォームであるKickstarter(本社:米国ニューヨーク州ブルックリン)は、2017年9月13日より、正式に日本版のサービス提供を開始しました。

Kickstarterは2009年のサービス開始以来、1,300万人以上のバッカー(プロジェクト支援者)が13万件ものクリエイティブなアイディアを支援し、合計3,500億円以上の資金を提供してきました。

日本からも300人以上のクリエイターが、世界のクリエイターとのコラボレーションを経て、様々なプロジェクトを実現してきました。また、約10万人ものバッカーが、日本から世界中のあらゆるクリエイティブなプロジェクトの実現を支援してきました。私も17個のプロジェクトを支援してきました(^^)

A Brief History of Kickstarter

日本版の Kickstarterの Wesiteは、従来の Kickstarterと同じですが、下部の言語選択より「日本語」を選ぶことができます。また、日本発のプロジェクトを検索することもできます。

プロジェクトを公開するには、18歳以上で、かつ、Kickstarterがサービスを提供している国の居住者である必要があります。プロジェクトは個人の本名か、会社法人等番号を証明できる法人格で公開します。
また、個人/法人問わず住所、銀行口座、身分証明書(法人の場合は履歴事項全部証明書)、クレジットカードもしくはデビットカードも必要です。

2009年4月28日に最初のプロジェクト(限定Tシャツ)が公開されましたが「不成功」でした(^^) 下記の動画は Kickstarterの歴史(5年間)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です