北朝鮮の軍事施設と精密誘導大型貫通爆弾(MOP)

B-52 爆撃機からの投下実験(GBU-57 MOP)/ Wikipedia

北朝鮮が日本の北海道上空を通過するミサイルを発射(8/29)した際、日本の住民は避難し、トランプ大統領は「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と述べています。

また、北朝鮮が2回目の水爆実験に成功(9/4)した後、トランプ大統領は、攻撃するのかと問われ「今に分かる」と答えています。

米国の軍事オプションとして「ピンポイント空爆」が有ります。写真は米空軍によって開発された30,000ポンド(約13,600kg)の「バンカーバスター」精密誘導爆弾(GBU-57 MOP)です。

この地中貫通爆弾は、湾岸戦争開戦後に地下深くに存在するイラク軍司令部を破壊する目的で特別に開発された GBU-28(5,000ポンド(約2,270kg)、貫通力30m)よりも、総重量、威力、貫通力(70m以上)ともに大きなものです。

B-52爆撃機やB-2ステルス戦略爆撃機に搭載され、爆弾はGPSによって誘導されて正確に目標地点に命中した後、直径80cmの弾体が地中に70m以上貫通、爆発するとされます。

米国が警告している軍事オプションとはどのようなものなのか? 米空軍と海軍は世界最先端の局所空爆、ピンポイント空爆の能力をもっていますが、ただ孤立して引きこもってきた北朝鮮に実際に使える選択肢は限られてもいるようです(BBC寄稿:ジャスティン・ブロンク氏)

ジャスティン・ブロンク(Justin Bronk)氏は、独立シンクタンク「英国王立防衛安全保障研究所RUSI)」の研究員。空軍戦闘力と技術が専門です。


北朝鮮の核実験場や軍事施設の場所などの情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です